自転車ラントライアスロン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山岳グランフォンドin吉野:本編

ということで、やっぱり行ってきた。
今年で6回目になるが開催以来の皆勤賞。
朝から、ばたばた支度をして、途中の24時間営業のスーパーで朝飯や補給食を買い、6時ごろに会場到着。
入り口付近には、スキー部のF川君とY村君がおり、スペースがあったのですぐ横に車を止める。
早速受付でショートコースに変更してもらったが、距離を見ると75km。
HPで90Kmと思っていたので物足りなさ感が出てきたのと、体調も走ってみないと分からないが、今のところ会場の雰囲気もあって、特につらくはない。
F川君やY村君がロングウエスト(133Km)にエントリーしていると言うので、一緒に走ることにして、再度変更してもらう。
いつもはスーパーロングなので慌てて支度をして、開会式前までには自転車を並べていたが、今回は後ろからのスタートなので開会式中も着替えをして軽量化もしてのんびり支度をする。
(関係者のみなさん、すんまへん・・・トイレも混んでないし・・・)
スーパーロングからはじまり10人ごとの1分間隔のスタートなのでわれわれのカテゴリーまでは30分強かかる。
このクラスで知り合いとしては、おなじ「つうばいつう」のF本さん、スキー部で一緒のF川君、Y村君だ。
001_20090728004110.jpg

今回、初めて違うカテゴリーでコースもいつもと違うので新鮮な気分。
スタートして右折して吉野山を登る。
走り出すと、F本さんがスルスルと前に行くが、体調の様子を見ながらマイペースであがる。
走ってみると体調自身は悪くなく、大丈夫そうだ。
そのまま、勾配が急になるところでF本さんに追いつき、先行する。
黒滝との分岐のエイドに到着し、待っていると、Y村君やF川君も到着。
これから先の大峰林道から黒滝への下りは練習でも走ったことの無いルート。
結構急勾配で路面も荒れている。
ここで痛恨のパンク!
段差を乗り越えたときに、腰を上げ後輪を抜重し軽く当てただけだったが、どうやら突起物にヒットした模様。
すぐにプシュー、プシュー、プシューという音がして空気が抜けた。
F本さんにサポートしてもらいながら、チューブの交換。
このとき、ハチがまとわりついて、手元や顔の辺りを飛んでいる。
場所を移動してもついてきやがる・・・
無視してチューブを交換していたら知らん間にどっか行ったが、コレに刺されたら、まさに「泣きっ面にハチ!」刺されんでよかった・・・・
若干空気圧は低いが、コレで走って黒滝のエイドに到着。
パンク修理のロスタイムがあったので、ちょうど先行してたF川君、Y村君が出発するところだった。
少し補給を取って、フロアポンプが置いてあったので、ちゃんと空気をいれようとすると、修理のときより明らかに空気圧が下がっている???
またもやスローパンクか???
もう一本チューブを持っているので、それに入れ替えて空気を入れるとスカスカ???
また、チューブをはめる時にタイヤレバーでやってしまったのかもしれない・・・
アー最悪・・・ついていないな・・・気持ちが守りになると運も逃げるのかも・・・
一旦、タイヤもリムから外して、パンク箇所を裏から確認。異物は無かったが貫通している箇所があった。
その貫通箇所に裏から手持ちのガムテープを貼り、F本さんのチューブをお借りして、落ち着いて装着。
今度はうまく行った。「F本さん、ありがとうございます」
それにしても今シーズンはパンクが多い。
補給時間も入れると30分以上はここでロスしたかも・・・
このエイドを出るときには、周りはショートの人ばかりで、おそらくロングウエストの最後尾だったと思う。
そして昼から降ると思っていた雨が結構勢い良く降り出した。
ここからは、しばらく平坦コースで飛ばして行くが、抜かす人はショートコースの人ばかりで少し気持ちが焦る。
ここで慌ててスリップして落車でもしたらトラブル続きで、もうやめたい気持ちに成るので、スピードは維持しつつも慎重に走る。
しばらくしてショートコースとも分岐の関門を通過。
ここから天辻峠への登りだ!でも今回ここまでの距離が短いので新足で登れたので、思っていたほど長く感じなくロングウエストの参加者も数人パスして峠の道の駅のエイドに到着。
雨が降っているのに、西の空は晴れている変な天気。
阪本への下りも雨でブレーキが効きにくいので慎重に下る。
そして、阪本ダムからの登りをクリアーして分岐の関門へ。
このまま野迫川のエイドに行くのかと思っていたので、体調も悪くなさそうで、ちょっと物足らないなと思っていると、左折して山道に入るとのこと????
初めてのコースでルートや高低が分からない。
とりあえず進むことにして坂を登る。
そして、給水ポイントでやっとF川君、Y村君に追いつく。
ここで登りが終わりかと思っていたら、一旦下って又登りがあるとのこと。
結局、高野山手前の天狗木峠まで登らされた。
後半は結構足に応えた。
そして下って、野迫川のエイド。
いつもここでしか食べられない、豆腐や豆乳が味が濃くておいしい。
今年は豆乳にミルトンをブレンドする新メニューが登場した。
002_20090728004026.jpg

しばらくすると、F本さんとY村君が到着したがF川君の姿が現れない。
少し待ったがF本さんと先に出発しようとすると、やっと現れた。
無事を確認して、Y村君、F川君を残して先に行く。
軽く今井峠を越えて富貴に下り更に五条まで下る。
この富貴からのくだりで雨が待ってましたとばかりに降ってきた。
雨に降られていやなポイントNO2だ!(No1は足ノ郷の下り)
過去、ここでバケツをひっくり返したような雨にあって、ほとんどブレーキが効かず五条までハラハラ、ドキドキしながらスリル満点で下った記憶があるからだ。
しかし、今回は初めだけで、しばらくしてやんで事なきを得た。
あとは、平地を順調に走る予定だったが、100Kmあたりを過ぎたところから、尻筋が痛くなり力が入らなくなった。
吉野川に出たところから、F本さんが順調に飛ばすがついてゆけなく、一人旅。
最後の駐車場への登りは、今までで一番しんどかったぐらいの登坂になった。
ちゃんと補給を取っているので、ハンガーノックとは違うし、100Kmぐらいの距離はいつも練習で走ってるし、なぜか???
原因はやっぱり体調不良?単純に練習不足?
どちらにしても、第6回の吉野グランフォンド、無事にゴールできて皆さんに感謝です。
特に途中サポート頂いたF本さんありがとうございました。

これで、だらだらモードから脱出できたかな?
後半の失速の原因は、練習不足としてモチベーションを上げてゆこう。

comment

Secret

お疲れ様でした!

GF吉野お疲れ様でした。
パンク等いろいろありましたが、無事帰還できて良かったです。
調子もうひとつという状態で引いて頂きありがとうございました。
川筋では僕が引いてるつもりやったんですけど・・・まあやまちゃんさんのこと、最後500mあたりからシャーッと抜いていかはるやろから割れたクリートのこともあり、今のうちにマージンをと懸命でした。
今後もよろしくです!

お疲れ様でした^^

パンク連続で大変でしたね コース上ではお会いできなくて残念でした。
そうそう、ここの豆腐と豆乳美味しかったですよね 癖になりそう(笑)(^^ゞ
LW完走 お疲れ様でした。

お疲れ様でした。
一緒にSLコース走れなくて残念です。 今年は、例年の3倍増しでしんどかったです。
来年は、体調を整えられて是非ともSLコースを走ってください。 私は、車できっちりサポートさせていただきます。

Re: お疲れ様でした!

お世話になり、どうもありがとうございました。
クリート割れてましたか・・・
チューブまたお返ししますネ。

Re: お疲れ様でした^^

まーさんも、無地帰還でお疲れ様でした。
SLはきつかったでしょうね・・・

Re: タイトルなし

単身赴任生活で練習量の確保が課題です。
来年は十分準備するようにします。
だから、一緒に・・・・
プロフィール

やまちゃん

Author:やまちゃん
スポーツと家族をこよなく愛するアスリートおやじです。
(^o^)/

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。