自転車ラントライアスロン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊良湖トライアスロン:バイク編

トランジッションに行くと、見事に他のバイクは無い・・・
予想通りだが、大分遅れているようだ。
さーこれからは得意パート。
でも、フラフラでウェットを脱ぐのも一苦労、足は砂まめしなのでバスタオルで拭くがきれいに取れるわけも無く、そのままソックスとバイクシューズを履いて、ヘルメット、グラスと被りようやくバイクスタート。
得意パートとはいっても、種目が変わった直ぐはバイクの筋肉の使い方が出来ないので慣らしながら直線路を走る。
3Kmほど走ると田んぼの真ん中の四角い周回コースに入る。
ぼちぼちとスピードを上げて行くがまだ調子が出てこない、そうこうしていると後ろからKinさんに追い抜かれた。
Kinさんとは大台ケ原ライドとY形邸でのバーベキューの2回しか会っていないので、声をかけても気づいてもらえるまで少しタイムラグがあったが直ぐに分かってもらい、自分もペースアップして同じペースで走る。
Kinさんは既に2周目らしく自分より1周多く走っている。
その後、追い風区間では自分が先行し、向かい風区間ではKinさんが先行して抜きつ抜かれを繰り返しながら周回を重ねる。
(ドラフティングしているわけではないので、念のため。結構距離が離れるのだ)
意識する相手がいてたので良いペースを維持して走れた。
追い風では大体37km/h~39Km/hで向かい風では34km/hぐらいで走る。
途中、トップ争いの選手がTVカメラの載ったバイクを引きつれてラップしてゆく。
今回のレースは、東海テレビで9月22日(火)午前11時~11時25分
「2009トライアスロン伊良湖大会」 で放映されるらしい。
もしかして写っているかな?
バイクは得意種目なので抜かれるのはほんのわづかで、ほとんどごぼう抜き状態。
今シーズン投入のTTバイクであるサーベロP2C、今回のような、どフラットでは威力を発揮する。
やはり高速維持性能が高いと感じた。
それにカーボンディープリムでかっこええし、DHバーを握ったエアロポジションでおのずと気分もイケイケになってくる。
しんどいけど、気持ちええなー
そして5周回を終え、最後の直線をトランジッションに戻ってくるが、ここでは向かい風と、次のランに備えてペースを落として流しながら走りトランジッションに到着。
G角のバイクラックを見ると既にバイクが掛かっている。
なかなかやるじゃないか・・・
チーム内バトルはランに持ち込まれたのだった・・・

comment

Secret

プロフィール

やまちゃん

Author:やまちゃん
スポーツと家族をこよなく愛するアスリートおやじです。
(^o^)/

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。