自転車ラントライアスロン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島の屋根

最近、リフォームをしているせいか建築物に興味が出てきた、特に住宅。
バイクの練習のときなんかも、ちょっとよさそうな家があると、屋根のつくりや窓の配置、外壁、塀、玄関、通気口などをチェックしてしまう。
見る視点も今までとはずいぶんと違う・・・
そんで、昨日は広島に出張。
広島の事業所には広島駅から山陽本線で30分ほど東に行くが、その周辺で見る広島の民家の屋根には共通の特徴があるのだ。
特徴1:茶色の瓦葺(しかも瓦の表面がテカテカ光っている塗りの瓦)
特徴2:屋根は入母屋造りで立派
特徴3:その屋根の一番高いところの稜線の両端には鯱があしらわれている。
特徴4:入母屋の上から下に向けての稜線の端には鳩か何かがあしらわれている。
まーこういう特徴を持っていて、まーけっこう立派な屋根の家が沢山あるのだ。
こういう特徴はどうして出来たんだろうか?
007_20100707000927.jpg

comment

Secret

プロフィール

やまちゃん

Author:やまちゃん
スポーツと家族をこよなく愛するアスリートおやじです。
(^o^)/

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。