自転車ラントライアスロン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年シマノ鈴鹿ロード

先日書いたように、28日(土)は鈴鹿サーキットまで行ってきた。
エントリーしているのは、いつものチームタイムトライアルと2時間耐久レースだ。
今年のTTTは普通のユニフォーム。
遠い昔にユニフォームで走った記憶があるが・・・その時の感触は忘れてしまったな~
今回の姫はゆりちゃん。
テントに到着すると、「私11月から走ってないんですよ~」と本音なのか?三味線なのか?
まー姫を如何にサポートしながら限界のスピードで走ってもらうかが今回のTTTの課題に成りそうである。
バイクをセットして着替えて準備OK。
スタートラインに並びに行く。
いつもなら、この時点で「わー」とか「きもちわるー」とか「ビックリした」とか注目を浴びるのだが、今回はギャラリーにもプレスにもアナウンスにも特に注目されず、淡々とスタートを待つ。
そして、スタート!
初めは本当にゆっくり入る、シケインまでの登りで姫にとってオーバーペースに成ってしまうと後後まで響くからだ。
フォーメーションは自分と店長が前で交代しながら機関車をして姫が3番目。
今回役徳のG角が最後尾でペースを前に知らせたり、姫を励したりとサポートをする。
下りでスピードの出るところは良い調子で飛ばし、上りでスローペースにしてなんとか姫が切れないようにコントロールしてゴールを目指す。
コースコンディションは、ダラダラ上りのホームストレートが追い風でいつもより楽チンであるが、デグナーから第1コーナーまではかなり強い向かい風で、エアロフォイールが取られかけて怖かった。
そして3周、ほぼ同じペースを維持して4人でゴール。
今年は、ギャラリーからの特別な視線は無く寂しかったが走りに集中できて、なかなかまとまった走りが出来たとと思う。
ちなみに去年は「どろんじょ」でした。

さー、次は1時間後の2時間耐久レース。
一服してから荷物をまとめて、友達のチームの基地に移動。
既に1走のエースが最前列に並んでいるらしい。
なんせ人数が多いので順位を狙うとなるとスタート時点で前に位置しているのは必須となる。
じつはこのチームは例年、表彰台を狙える良い所を走っており昨年は2H耐4人の部で5位だったらしい。
助っ人の自分もなかなか責任が重たいのである。
自分は勝負のクリティカルなパートは受け持てないので2走で走ることになった。
1走は集団走行が期待できるのでその流れで5周走り、その後の2走、3走、4走と各3周走る作戦。
そして、定刻を5分ほど遅れてスタート!
いや~人が多い。
スタートしてもなかなか列が終わらない・・・・
そんなこんなで、いよいよ自分の番。
ピットも混雑せずにスムーズにアンクルバンドを受け取って、いざ出発。
ピットロードをはしり、シケインの手前でコースに出る。
新足なので軽快にシケインを登るが、人が多い!!
遅い人をかき分け走らないといけないので真っすぐ走れない。
おまけに中途半端に早い人が、蛇行をしながら走るので結構危険だ。
西のストレートを走っていると、後ろから早いペースの2人組が抜かしていったので、即後ろについてスプーンまで走る。
しかし、少しペースが速いので1周目からオーバーペースに成ってはいかんとペースを少し落とす。
その後は、たまに下りで抜かれ上りで抜かす展開の人が2人ぐらいいたが、基本的に適当な集団が捕まらず一人旅。
後ろにコバンザメの様にひっついて離れない奴が来て、先頭交代を促すも応じない。
腹がたつが、3周なので気にしているより自分のペースで走ることに徹すると知らないうちに居てなくなったりと、いろいろありながら周回を重ねる。
しかし、暑い!!ボトルにスポドリを入れていたので頭からかけられず失敗した。
2周目後半は体がかなりオーバーヒート気味。
少しペースが落ちたがラスト1周を頑張って次にバトンタッチ。
丁度自分が終了した時点でなんと3位!
責任は果たせたかな?
最後は残念ながらお立ち台を逃してしまったが、なかなか白熱したレース展開で面白かった。

003ブログ用

comment

Secret

プロフィール

やまちゃん

Author:やまちゃん
スポーツと家族をこよなく愛するアスリートおやじです。
(^o^)/

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。