自転車ラントライアスロン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイアンマン70.3セントレア常滑ジャパン【スイム】

昨夜は各方面からのメッセージやへべれけの電話などで応援を頂き10時に就寝。
朝は4時20分頃起きて、5時にホテルのバイキングを食べて5時30分頃に出発。
そして、会場に到着すると早速、両腕にボディーナンバーを書いてもらう。
IMG_5274 - コピー
いよいよ気分が盛り上がってきた。
やっぱトライアスロンは野性的にマジックで腕にゼッケンナンバーをでかでかと書くんですわ・・・
そして、各々のバイクのところに行き、スイム→バイク、バイク→ランのトランジッションで必要な物をセットする。
IMG_5277 - コピー
セットが終わると、少しジョグとストレッチで体をほぐし、軽量化も済ませ、いよいよウエットスーツを着込んでスイムの準備。
既に入水チェックが始まっているので皆の流れに乗ってセンサー部分をまたぎ、アップのために少し泳いでおく。
プールと違って海でのスイムは慣れないというか、不気味だ・・・
アップの時間も終わり皆が浜辺に上がると、上空には撮影用のヘリコブターが飛んできて、いやがおうでも気分が盛り上がる。
一通りセレモニーが終わって、いよいよ7時30分から第1ウェーブがスタート。
今回は5分おきに第1ウェーブから第5ウェーブに分かれており、自分は第4ウェーブ。
15分後の7時45分にスタート。
潮流の関係で流されるのを考慮して一番右側の後ろから入水した。
自転車のレースの様に、スタートからいきなりマックススピードでしのぎを削るのではないので、スタートの緊張感はあまりなく、「行ってきま~っす!!」って感じ。
スイムは一番苦手なのでバトルを避けるため後方からスタートしたが、やはり前後左右には人がいてるし、1年ぶりの海でのスイムなので、なかなかリズムがつかめない。
最初のブイを曲がった時点で少しバラけて、自分の泳ぎに専念できる。
ここから次のブイまでの350mほどが潮流に逆らう方向で泳がないといけないので一番しんどい。
もたもたしていたら、第5ウェーブの速い人が追いついてきて一人が自分の体の上を泳いで行った・・・
まー上に乗られたり、足を触られたり、腕が当たったりと水中プレイを楽しみながら黙々と先を目指す。
2つ目のブイを回り、次は一番沖のブイ。
ここは潮流に乗って泳げると聞いていたが、逆に方向が定まらない・・・
たぶんかなり左を泳いで少し戻る形でブイを回る。
あとは岸を目指すのみ。
今年1年いろいろアドバイスも貰ったので、やはり伊良湖TAのスイムよりは大分余裕を持って泳げている。
そして、岸に到着して1.9kmのスイムアップ。
タイムは自分的には50分ぐらいかなと思っていたが、思いのほか良くて47分(それでも大分おそいですが・・・)
昨年の伊良湖TAでは岸に上がるとどっと重量を感じて大分体力を消耗した感じがあったが、今回は立ち上がる一歩目はふらついたが、それ以降は問題なく消耗もひどくないようだ。
さー次は得意のバイクパートだ!!

comment

Secret

プロフィール

やまちゃん

Author:やまちゃん
スポーツと家族をこよなく愛するアスリートおやじです。
(^o^)/

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。